トップページ > 技術情報 > 測位・測量 > 航法援助システム

「技術情報」私たちは、地下資源探査等に特化した豊富な技術力でお客様の課題に対し、様々なアプローチによって解決へと導きます。

測量サービス

航法援助システム

【表示例1】小型航法システム 測線観測

右側(数値情報): GPS位置・ステータス情報、測線情報等の数値情報の表示
中央(グラフィック表示): 現在の船舶位置、測線、観測点位置等の表示

※測位制御位置:通常はGPSアンテナ位置。
場合により、オフセット距離を設定して、任意位置を測位の基準位置(制御位置)としている。

測線観測では、観測船と側線の位置関係を常時表示(数値、グラフィック)、数字、グラフィックの両方で、位置関係を表示・確認することができます。 また発震等のイベント発生時の位置もリアルタイムでプロットしています。

小型航法システム 観測測線の表示例

小型航法システム 観測測線の表示例

【表示例2】小型航法システム 坑井確定測量 掘削リグ

掘削リグを掘削予定位置まで誘導する作業では、上図のように、右側にGPSの位置・ステータス情報、予定掘削位置までの距離・方位などの数値情報を表示し、 中央に掘削予定地、予定掘削位置、8方向に投入したアンカー位置等をグラフィック表示しています。
尚、掘削リグの基準位置は掘削機器のある井戸芯位置となるため、事前にGPSアンテナから井戸芯までのオフセット距離を測定・設定して、常に井戸芯位置を測位制御位置として作業を行っています。

坑井確定測量 掘削リグ上での表示例

坑井確定測量 掘削リグ上での表示例

▲ページトップへもどる

【表示例3】小型航法システム 坑井確定測量 アンカー投入船

掘削リグを固定するためのアンカー(通常は8方向)を投入する作業船では、 右側にGPSの観測位置・ステータス情報、予定投入位置までの距離・方位等の数値情報を表示し、中央にアンカーを投入する作業船の位置、予定投入位置等をグラフィック表示しています。

坑井確定測量 アンカー投入船での表示例

坑井確定測量 アンカー投入船での表示例

▲ページトップへもどる

Copyright (c) JGI, Inc. All Rights Reserved.