トップページ > 業務内容 > 建築土木地下地盤

「業務内容」私たちは地下資源探査等の調査業務と、地震モニタリングシステム等の調査機器・ソフト等の開発・製造販売のスペシャリストとしてお客様の事業をサポート致します。

調査等サービス業務

建築・土木・地下地盤のための物理探査技術サービス

建築や土木工事においても物理探査は重要です。最近の長大建造物建築においては、地震工学的見地から地下深部(地震基盤)までのP波、S波の速度構造を知ることが不可欠です。このためには、反射法および屈折法地震探査、S波反射法地震探査、ボーリング孔を用いたVSPP波・S波)等が有効です。その他、電気・電磁探査、各種検層(PS密度検層)などが利用されます。


また目的により浅部の地下構造を精密に調査する必要があり、浅層反射法や屈折法、トンネル浅層反射法、孔間トモグラフィ、地下レーダ等が使用されています。

トンネル浅層反射法探査(SSRT:Shallow Seisimic Reflection survey for Tunnel)は弾性波を利用してトンネル切羽前方の地質を予測する技術です。トンネルの前方を探査する目的で㈱フジタと共同開発いたしました。



Copyright (c) JGI, Inc. All Rights Reserved.